NEWS

難病ALSと戦う我らが仲間

こんにちは。今日は私たちとともに活動するスタッフを紹介します。

彼の名前は秋葉雅之。当法人の小山とは大学野球部のチームメイトで20年以上の親友です。彼は現在、治療法のない難病ALSと診断されながらも、残された時間を未来ある子どもたちのために使いたいと、命をかけて子どもたちに向き合っています。

“たとえ自分が辛く苦しくても、他人の幸せを心から願い、愛を贈れる人になって欲しい”

高校、大学と第一線で活躍しスポーツを通じてたくさんのことを学んできた秋葉は、日々動かなくなっていく身体を精一杯に使って、分け隔てなく子どもたちにやさしく語り掛けます。

子どもたちに本当に学んで欲しいこととは何でしょうか?

“YOU MATTER” あなたはとても重要な人