NEWS

こどもの運動能力テストを開催しました!

先日7月20日に当法人にて、子どもの運動能力テストを開催しました。

ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

今回行ったテスト内容は、

-Vision  (目がどれくらい上手に使えているか)

-Physical literacy(体がどれくらい上手に動かせているか)

-Plyometrics (最大筋力はどれくらいか)

でした。

 

さて、これらのテストを行うことによってどのようなことがチェックできるのか、

今回ここでご紹介したいと思います!

 

1.VISION

vision( 視覚)によって得た情報は身体を守るうえで重要な機能の一つですが、

実は、運動やスポーツを行う上でのパフォーマンスに大きく関わっていることが分かっています。

例えば、ボールをキャッチするときに、近づいてくるボールを目で追い正確に体を動かすことで、それを可能にするのですが、

この時、正確にボールをとらえるために目についている小さな筋肉を使い、目を動かしているため、

この眼球運動がうまくできない子は、正確にボールをキャッチできなかったりキャッチする直前でよけてしまうなど、

”ボールをキャッチするのが苦手な子”になってしまうのです。

残念なことに苦手と決めつけてしまい、可能性を伸ばせないこどもたちがたくさんいるのが現状です。

テストでは、こういった目の動き方や、動体視力など、いろいろな目の能力を測定いたします。

 

2.PHYSICAL LITERACY

physical literacy (フィジカルリテラシー)とは簡単にいうと、身体能力の高さのことを言います。

フィジカルリテラシーは生涯運動を続けていく上で最も重要な能力の一つと言われています。

私たちが行うテストでは、

歩く、走る、投げる、打つなどの基礎的な動きから、こどもたちの身体能力の高さを測定いたします。

専門家による測定ですので、できる、できないだけではなく、

細かくどんな動きが得意で苦手なのか、詳細までしっかり測定いたします。

 

3.PLYOMETRICS

plyometrics(最大筋力)とは瞬発的な動きのなかで発揮される最大パワーのことを言います。

簡単な例で言えば、垂直跳びや幅跳びなど、おもいっきりジャンプをするときの、

パワーを測定いたします。

当法人では、跳躍の測定では動きの傾向や、飛距離等を正確に測る為に、

動画を用いた分析方法を利用しております。

 

 

「どんな運動をやらせたらいいのかわからない」

「運動が苦手なのかな」

「運動をやらせてもなかなか上達しない」

そういった疑問をお持ちのお父様、お母様、

一度、お立ち寄りください。

どんなお問い合わせも受け付けておりますので、

ぜひこの機会をお見逃しなく!