NEWS

こどものストレス解消‐室内遊び‐室内運動‐で元気になろう!

外出自粛要請などで自由に外に出ることもできず、ストレスを溜め込んでいる子どもは予想以上に多いと示唆されます。負のストレスによって脳は委縮してしまいますが、この委縮した脳を、運動は元の大きさに回復するとも言われています。

子どもは少なくとも一日に一時間は自由に体を動かして遊ぶべきであり、その遊びや運動こそが、脳のバランスを保ち、睡眠や食事にも良い影響をもたらします。

室内でもできる運動や遊びはたくさんあります。子どもと一緒に想像力をふくらまし、創造性豊かな遊び運動でリフレッシュしてください。